1. ホーム
  2. キャッシング
  3. ≫キャッシングのリボ払いは便利だが金利負担は大

キャッシングのリボ払いは便利だが金利負担は大

キャッシングは、借りたお金を翌月に一括返済するか、毎月定額の返済をしていくリボ払いかを選択することができます。例えば10万円借りて、翌月に全額返せば、金利負担はわずかです。足りない時にわずかな利息で一時的に借りるだけ、というのは大変賢明な利用方法です。
しかし、多くの人が一括返済は難しいということで、リボ払いを選択しています。1ヵ月後には大金が入るあてがある、などという人は稀ですので、リボ払いが便利でしょう。リボ払いなら、例えば10万円借りて、翌月から1万円ずつ返済していく、という方法です。この1万円には利息が含まれていて、元金は9万円以上残っている計算です。一括で返済すれば金利負担は返済した時点でなくなりますが、リボ払いは残高に対してまた金利がかかります。つまり、一括返済の方が金利負担は少なく、リボ払いは多くの金利が発生する、というわけです。
キャッシングサービスを提供する消費者金融などは、金利が利益になりますので、できればリボ払いを選択してほしいと思っています。利息がありますので、10万円を1万円ずつ返済しても10回では終わりませんが、残高が減れば利息も減り、1万円に占める元金の割合が多くなっていきます。元金は返済するのが当然としても、利息はなるべく抑えるのが賢い利用方法です。
問題は、返済している途中にまた追加で借り入れることが可能、ということです。例えば10万円が限度額だとすると、残高が6万円になった時、追加で4万円を借りる、というようなことができる仕組みになっています。常に限度額いっぱいに借りている状態が続くと、金利負担が非常に大きくなります。お金が足りない時に、
10万円借りるのは良いでしょう。しかし、追加で借りる時は、その10万円を全部返してからにしましょう。常に限度額いっぱいの借入をしていると、いずれは1社では足りなくなり、複数の業者から借入をするようになるでしょう。返済能力を超えた借り方の第一歩です。