1. ホーム
  2. キャッシング
  3. ≫金融機関による個人に合わせたキャッシングの条件とは

金融機関による個人に合わせたキャッシングの条件とは

銀行や消費者金融では、個人に対してキャッシングサービスを行っています。個人としては急な物入りの時にはキャッシングがあると、すぐにお金を用意することができるために非常に便利となります。しかし、キャッシングを利用するためには、まずは金融機関の審査に通過する必要が出てきます。金融機関の審査では、個人の雇用環境や信用情報などが調べられるようになっています。個人の雇用環境では、どのような職種に就いていてどのくらいの収入があるかが問われるようになります。一般的には正社員などで安定収入がある場合には、金融機関の審査に通ることが多くなっています。また、従来はパートやアドバイトなどの非正規雇用者の場合には、審査に通らないケースが起こっていました。しかし、近年では審査基準が緩和されて、パートやアルバイトであってもキャッシングの審査に通ることが少なくないです。次に金融機関では、過去にキャッシングなどを利用して確実に返済した実績があるかを調べることになります。ここで、過去に返済が滞ってしまいブラックリストに載ってしまった人は、審査に通らないことが起こってきます。このような金融機関による厳正な審査が行われることで、個々でキャッシングの条件が決まってくることになります。雇用環境が医師や大企業の役員などの人では、支払金利は年率5%以下と低く抑えられることが多くなってきます。しかし、パートやアルバイトの人では、支払金利は年率10%を超えることも起こってきます。また、キャッシングの限度額においても、医師や大企業の役員などは数百万円と高額の設定が可能となります。しかし、パートやアルバイトでは限度額は30万円までの最小に止められることが多くなっています。このように金融機関では、個人の返済能力によって貸し出し条件を決定しています。しかし、総じてキャッシングの支払金利は高めになっているため、誰でも計画的に利用することが重要となっています。